予防接種

予防接種のご案内

成人予防接種

インフルエンザ予防接種

インフルエンザワクチンは接種してから効果が出るまでに、約2週間程度かかり、その効果は約半年程度、持続します。

​流行期前10月下旬~12月頃までに接種することをお勧めします。

​肺炎球菌ワクチン予防接種

年間を通して接種可能ですが、5年以上の間隔をおいての接種となります。肺炎の原因菌の肺炎球菌ワクチンの接種をすることにより、重症化を防ぎます。

​以前は5年おき2回までの接種とのことでしたが、3回目も可能となりました。

​帯状疱疹(水痘)ワクチン予防接種(自費)

接種対象は50歳以上の方となります。

帯状疱疹は小児のころ罹患したみずぼうそうウイルスが、治療後も体内の神経節に潜んでいて、加齢・ストレス等で免疫力が低下すると発症しやすい病気です。

​発症率は50歳から急激に高くなり、帯状疱疹患者の7割が50歳以上です。中には神経痛の残る方もいらっしゃいます。

全般的に、予防接種は副反応の出る方もいますので、いろいろご相談いただき、ご検討ください。

​また、インフルエンザ予防接種・肺炎球菌予防接種は、ご年齢により市町村からの補助の対象となる場合がございます。お気軽にお尋ねください。